イワツバメ

0

    ツバメがたくさんいます山県館

    独特な形状の巣がたくさん作られています、、、

     

     

    よく見ると隣に2部屋目を建築中

     

     

    よほど、そこが気に入ったのね(-_-;)

     

    山間部の旅館に営巣するとWikipediaにある岩燕(いわつばめ)です。

    まさに、、、

     

    飛行中、背中の白がパンダっぽくてかわいいです

    巣立ちのシーズンになると、大群で子供たちの周りを旋回し、飛行を促すシーンは圧巻ですよ

     

     

    ただ、燕が苦手な方は、当館8畳間プランは敬遠されたほうがいいかと思います

    そもそもですが、虫や動物が苦手な方は山県館ミスマッチかもしれませんが、、、

     

    夏の終わりまでは、ご迷惑をおかけします


    甲州市 於曽屋敷=於曽公園

    0

      当館の最寄駅であり、無料送迎車の発着駅でありますJR中央本線「塩山(えんざん)」駅

       

      駅近くにある史跡をご紹介いたします

       

      駅南口よりほど近いあたり、徒歩5分〜10分程度のところに

      鎌倉時代初期から続く武家屋敷「於曽屋敷(おぞやしき)」があります

      ※山梨県指定史跡記念物

      ※今でも子孫の方が住んでいらっしゃいます

      ※ちなみに送迎発着は反対側の北口です

       北口前には古民家「甘草屋敷(かんぞうやしき)」もあります

       

      於曽氏は甲斐源氏の支流、屋敷跡周囲は今でも確認できる土塁が囲んでおります

      往時は3メートルの土塁だったそうです

       

      こちらが、このたび、バリアフリートイレと駐車場が整備されました

       

       

       

      今でも高さのある土塁がうかがえますので、お時間のある方は、ぶらタモリっぽく歴史散策してみてはいかがでしょうか

       

       


      芦川のすずらんの里祭り

      0

        明日、明後日、開催の笛吹市芦川の『すずらんの里祭り

        貴重なニホンスズランの群生地として、人気です

         

        お花を見てまいりました

         

         

        入口近辺に開花のすずらんが可憐にお花を揺らせています

         

        たくさんのスズを見れるには、あと1週間くらいかな〜

         

         

        いまはイカリソウが見ごろ

         

         

        それでも、白樺の森、新緑を見るだけでも癒されますね

        下草で開いているのはたくさんのわらびペコちゃん

         

         

         

         

        当館から、群生地までは車で1時間ちょっと、その先の若彦トンネルを抜ければすぐにどーんと富士山がお迎えしてくれます

        スズランの爽やかな風と新緑、そして富士山

        満喫してください

         

         


        今日のお花

        0

          多くのお客様の目に留まった「半鐘蔓(はんしょうつる)」です

           

           

          館内に飾ってある野の花も種類が増えて、さらに季節を進めております

           


          花盛り

          0

            当館周辺も、すでに初夏の装いです

             

             

            石楠花(しゃくなげ)が満開です

            西沢渓谷も見ごろを迎えていることでしょう

             

             

            ツツジもさまざまな色のお花が咲き誇っております

             

            八重のツツジの花は珍しいですね

             

             

            露天風呂付客室『渓流の間』は、露天風呂の湯出口は、

            当地の「笛吹権三郎」伝説の主人公、笛吹権三郎を模したものです

             

            このたび、リニューアルいたしました

             

            笛吹川に、その哀しい音色が聞こえてきそうですね

             

             


            | 1/45PAGES | >>